Daizaburou Arakawa

荒川 大三朗 1
荒川 大三朗 2
荒川 大三朗 5
荒川 大三朗アラカワ ダイザブロウ
  • Print
生年月日
1970年1月5日生
出身地
東京都
身長
174 cm
体重
65 kg
3サイズ
B:93 W:80 H:88
趣味
映画鑑賞・読書・野球(小1~中3までの9年間)
特技
空手3段(剛柔流空手道・拳心館/中1~22歳までの12年間)・居合初段(武田流中村派・総武館/25~28歳までの3年間)・水泳(中1~高3の6年間)
東京で寿司屋を営む両親の元に生まれる。中学高校時代は映画を見るのが好きで、映画の裏方を志すも、予備校時代に出会った先生との出会いがきっかけで演劇にのめり込んでいった。あらゆる演劇を見る中で、打ちのめされるほどの衝撃を受けた作品にも出会い、演劇に役者として携わりたいという憧れが生じていった。円演劇研究所に入り、2年間の養成期間を経て演劇集団・円の会員に昇格。以後17年にわたって同劇団に所属。退団した後はフリーとして舞台を中心に活動。また、名優・平幹二朗のアンダースタディを務めたことや演出家・鐘下辰男の私塾に参加したことは大きな財産となっている。現在は、ナレーションや洋画の吹き替えなど表現の幅を広げている一方、後進の指導にも精力的にあたっている。寿司職人の父親の血を受け継いだ職人的感性と彫心鏤骨の覚悟で演技者の道を極めんとしている。

【出演近況】

★EX『家政夫のミタゾノ』医師役(第6話)
★WEBドラマ『港区おじさん』(第91~93話)
★短編映画『泡沫の人魚』
★CM『ボラギノール』
★WEB『マクセルイズミ「シェーバー」』

【TV】

NHK「塚原卜伝」
NTV「高校生レストラン」(第9話)
CX「正月ドラマスペシャル『新春東京ツアー!どえりゃあ婆ちゃん探偵団
                 ~湯けむりパラダイスの怪事件~』」
TBS「浅見光彦シリーズ『隠岐伝説殺人事件』」
NHK「龍馬伝」
NHK「クライマーズ・ハイ」
TX「新春ワイド時代劇『壬生義士伝』」
TBS「お登勢」
NHK「袖振り合うも」

【映画】

「母べぇ」山田洋次監督

【アニメ映画】

「ももへの手紙」沖浦啓之監督
「ワンダフルデイズ」

【吹き替え】

「FBI失踪者を追え」リッチー役
「警察署長ジェシィ・ストーン、シリーズ」レギュラー、スーツ役
                            その他多数

【舞台】

2010年「中庭にリング」(アトリエセンターフォワード)
2011年「入墨」(オフィスシマ)
2012年「糸瓜咲て(正岡子規物語)」正岡子規役
2013年「ロミオとジュリエット」(ザ・ガジラ)
2014年「我が闘争」(ハツビロコウ)
2015年「ちょぼくれ花咲男」(文月堂)
2016年「あるいは友をつどいて」(ハツビロコウ)
2017年「くちづけ」(横浜桜座プロデュース)
2017年「冒した者」(笛井事務所プロデュース)
2018年「フランケンシュタイン」(ザ・ガジラ)
2018年「喪服の似合うとエレクトラ」(松川事務所プロデュース)