VOICE 羊華インタビュー

演技は誰でもできる。

レッスン生インタビュー
羊華インタビュー

大学で演劇を学んだ後、オーストラリアへ演劇留学経験がある羊華さんにお話を伺いしました。



ーーグリーンロードに入るまではどういった経験をされてきたんですか?

羊華:大学で舞台芸術を専攻していました。
大学卒業後は、オーストラリアで働きながら演劇学校に通ってシェイクスピアなどを勉強していました。
帰国後は、フリーで小劇場を中心に舞台活動を行っていました。


ーーグリーンロードに入ったきっかけは?

羊華:2年前に映像やドラマに興味が湧いて…それで色々探していたんですが、1年前くらいにグリーンロードのレッスンを見学をした時に、とてもわくわくして…。
たくさん学べることがあるぞ、自分の力を試せるぞって。
私がオーストラリアで学んだことや、大学で学んだことが、再発見、ブラッシュアップができるんじゃないかって直感で思いました。


ーー実際入所してみてどうでしたか。

羊華:大学時代に演技の基礎みたいなことを学んでいましたが、それをとても思い出すことは勿論、新しく、発見できる事も沢山ありました。

それと、案件出演の為に現場に出たり、通常のクラス以外のオプションレッスンでは、いろいろ気づかされました。

立ち姿を意識したり、自分はどういう人間なのかと考えるレッスンがあって…。
そんなことは、今まで考えたり、教えてもらったりする機会がほとんどなかったので、とても新鮮でした。

人に見せる、見られるというものをいい意味で自覚できるようにもなりました。
今まで演じる際、芝居の内面的なものばかり見ていて、人から見られることを気にしてなかったんだなぁ。って、ここに入って気づきました。


ーーそれはなぜでしょうか?

羊華:レッスン中の演技を動画撮影して下さっているのがとても助かりました。
それで自分の芝居を見返すと、自分のイメージしていたものと全然違うように見えるな、と思いました。
さらにそれに対して、毎回フィードバックもしてもらえるので、毎回納得できました。


ーー羊華さんは、グリーンロードに入所して8ヵ月でアンカットに所属になりました!
今後の目標は聞かせてください。


羊華:全国上映の映画に出ることです!


ーー最後に、これを観ている方にメッセージをお願いします。

羊華:グリーンロードは、私みたいにこれまでに演技の勉強をしたことがある方にも、全くないという方にも、とてもおすすめな環境です。
個人に合わせて、フィードバックやレッスンがあるので、とても勉強になりますし、通常クラスで演技を勉強する以外でも、オプションレッスンで特殊なことに触れて…それこそ、「人に見られる仕事」というのをとても考えさせられるような内容のものもありました。
たくさん、学ぶことがある場所だと思います。